44歳でベンチプレスの大会に初出場しました。                                                                                                        公式の自己ベストは66㌔級で137.5㌔です。  止めなし145㌔です。                                                                                  地上最強の中年ベンチプレス王に 俺はなる! v^^v 夢は夢にに非ず 諦めない限りは 勝利の女神はこっちを向いてるぜ (^o^)丿                                                                             人生の目標は、100歳で公式記録100㌔!

2017-08

リンク
JPA
アーカイブ
最古記事
(07/30)
ダークソウル2のps4版

「人食いの大鷲トリコ」と並行してやっているが
ダクソ2より難易度が上がっていて面白い

1週目は最強の防具(ハベル装備)のお蔭でクリア
現在2週目でヴェルスタッドにあと一太刀で勝てない

明日こそ勝とうと思っている

「人食いの大鷲トリコ」は相変わらず面白い
・・・というか可愛すぎて泣ける

前回も3時間ぐらい悩んで
やっと脱出成功と思ったら
トリコと真っ逆さまに塔の下まで落ちた

気が付くと私(主人公)は木の枝に引っかかり
何とか致命のケガはなかったが
トリコは最下層まで落ちて血を出している

それなのに私を心配して
何か叫んでいる

そして助けに来てくれた
ワーン(><)

そんな風にどんどん見えない絆が深まる感覚
それが他のゲームにはない最大の魅力だと思う

ダクソ・アーマードコアシリーズも
超激ムズなので評価は分かれるが
「人食いの大鷲トリコ」も分かれると思う

私は好きだなぁ。。。


人喰いの大鷲トリコは
トリコとの友情を通した
丁寧な脱出ゲームと言っていい

まるで映画のような映像で
グングン引き込まれていく

一難去ってまた一難
トリコと供に切り抜けて
新たな場所が広がる

このゲームは早い人だと
5~7時間でクリアと聞いているが
トリコと別れたくないなぁ。。。

エンディングは間違いなく
大泣きすることだろう


新年になっても
今朝5時過ぎまで
トリコにハマっていた

もともと頭が良くないので
すぐ詰まってしまう

それでもトリコと戯れ
いろいろ動いているうちに
あれ?と試してみると
あ~~!という感動とともに
新しい道が現れてくる

とにかくトリコがかわいい

最初は意思疎通が出来ていないが
だんだん絆が強まる感がたまらない

それもこのボタンを押せばこうなる
・・・ではなくて
トリコの「間」が味を出している

ネットではこの「間」を
操作性がうんぬんの意見もあるが
動物と人間の交流の醍醐味は
この「間」を楽しめるかどうか
だと思っている

だから動物好きには最高の作品だと思う

そしてこの子役の声優さんの男の子も
天才子役と言いたい

作品上の未知なる言語を使いながら
こちらまで感情が強く伝わる

ダークソウルも傑作だが
人喰いの大鷲トリコも
静かなる傑作と呼んで過言じゃない

いいゲームに出会えて幸せだ^^

さて
正月だから朝から酒を飲んでみようかな
5時まで呑んでいたけどね
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
昨夜もやっていたが
スグ詰まる

でも、試行錯誤していくうちに
あああぁ~~!と謎が解ける

これは良質なゲームだ

また、トリコがかわいい
ほんとうに生きているみたい

ゴマに似ている^^
カウンター
プロフィール
HN:
十勝の男(とかお)
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1961/04/13
職業:
会社員
趣味:
超人追求
自己紹介:
元空手家

ゴッドハンド大山倍達先生からいただいたトレーナーを
知らないうちに妻が雑巾にしていたという
・・・・・辛い過去の持ち主(T_T)

酒を断ち、タバコも一切やらない、やせ我慢日本一の男

2006年11月19日
第5回ジャパンオープンマスタ-ズベンチプレス大会75㌔級   5位

2009年3月1日
第7回ジャパンオープンマスタ-ズベンチプレス大会67.5㌔級 優勝

2010年2月28日
第8回ジャパンオープンマスタ-ズベンチプレス大会67.5㌔級 4位

2013年5月26日
第23回全日本実業団ベンチプレス大会
66㌔級 マスターズⅡ 優勝

2015年2月21日
第15回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会
66㌔級 マスターズⅡ 3位


特技:房中術   
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
by 桜花素材サイト様. . .