44歳でベンチプレスの大会に初出場しました。                                                                                                        公式の自己ベストは66㌔級で137.5㌔です。  止めなし145㌔です。                                                                                  地上最強の中年ベンチプレス王に 俺はなる! v^^v 夢は夢にに非ず 諦めない限りは 勝利の女神はこっちを向いてるぜ (^o^)丿                                                                             人生の目標は、100歳で公式記録100㌔!

2019-08

リンク
JPA
アーカイブ
最古記事
(07/30)


アーマード・コアみたい!
sekiro終わるまで買えないな。。。

それにしてもまぼろしお蝶によく勝てたな
攻撃 攻撃 サイドステップ
これと手裏剣で勝てた

鬼式部は100回以上死んだけど
今回は拍子抜けするほど
簡単に勝てた

仕事の疲れも取れて
明日も楽しもう
私的伝言
胃が痛むほど
頭が割れるほど
仕事した

「最高の男には最高の女」
うちら兄弟の合言葉

地上最強の道は
まだまだこれからだ
^^v

独り言
お蝶に何故か勝てた。。。
by sekiro
数珠玉8個ゲット出来たので
強さが二段階アップした

このゲームの難しいところは
レベルアップがほぼ無いこと

それと助っ人が使えないので
あくまでも自分自身が上手くならないと
けっして勝てないところだ

来年フロムから新しいゲームが出るらしい
あと一年でクリア出来るか。。。
がんばろう!
ベンチプレス
70㌔
1 5 10 10

レッグエクステンション
20㌔
5 5 5

スクワット
自重
20

腹筋
20

拳立て伏せ
20

先週は木曜日までバタンキューだったが
今日は終業の鐘が鳴っても大丈夫だった
  
血圧は下がらないが
野菜を多く食べて健康増進

明日は90㌔挙げてみようかな。。。
70㌔10発出来たから
おそらく成功するだろう

ま 90㌔で成功・・・なんて書くのも
ちょっと恥ずかしいことだが
現実は受け入れよう^^

SEKIRO(せきろ/隻狼)
まぐれで鬼刑部と火牛に勝った
200回は死んだと思う

自分の中でベンチ90㌔は恥ずかしいが
sekiro200回死には恥ずかしいとは思わない
それだけ激ムズということだ

その後、屋根伝いに逃げながら
小窓から入ったら
セーブポイントがあった
フロムらしい裏道だと思う

また金曜日やろう

警察官クビになってからのブログ
https://www.keikubi.com/entry/2018/10/28/175934

正義面する新聞記者にも読ませたい内容
やはりヒトは怖いな。。。

ようやく疲れも取れたが
風邪を引いているようだ
鼻水が黄色いし、咳も出る

ベンチプレス
70㌔
1 5 5 5 5 5

スクワット   20
腹筋      20
腕立て     20
カーフレイズ  20

今日は22;00過ぎまで
起きていられそうだ
 
SEKIRO(せきろ/隻狼)
金曜日の夜から土曜日しか出来ないが
SEKIRO(せきろ/隻狼)を買っていた

アーマード・コアやダークソウルの
フロムソフトウエア社のゲームだ

ボスどころか中ボスですら
メチャメチャ強い

何百回も死んでいる
下手な私がクリア出来るのだろうか。。。

カウンター
プロフィール
HN:
十勝の男(とかお)
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1961/04/13
職業:
会社員
趣味:
超人追求
自己紹介:
元空手家

ゴッドハンド大山倍達先生からいただいたトレーナーを
知らないうちに妻が雑巾にしていたという
・・・・・辛い過去の持ち主(T_T)

酒を断ち、タバコも一切やらない、やせ我慢日本一の男

2006年11月19日
第5回ジャパンオープンマスタ-ズベンチプレス大会75㌔級   5位

2009年3月1日
第7回ジャパンオープンマスタ-ズベンチプレス大会67.5㌔級 優勝

2010年2月28日
第8回ジャパンオープンマスタ-ズベンチプレス大会67.5㌔級 4位

2013年5月26日
第23回全日本実業団ベンチプレス大会
66㌔級 マスターズⅡ 優勝

2015年2月21日
第15回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会
66㌔級 マスターズⅡ 3位


特技:房中術   
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
by 桜花素材サイト様. . .