44歳でベンチプレスの大会に初出場しました。                                                                                                        公式の自己ベストは66㌔級で137.5㌔です。  止めなし145㌔です。                                                                                  地上最強の中年ベンチプレス王に 俺はなる! v^^v 夢は夢にに非ず 諦めない限りは 勝利の女神はこっちを向いてるぜ (^o^)丿                                                                             人生の目標は、100歳で公式記録100㌔!

2017-08

リンク
JPA
アーカイブ
最古記事
(07/30)
1175d775jpeg体重(朝)70.0㌔
体重(夜)71.0㌔
就寝  1:23
起床  7:15
痛み  なし 
疲労  昼間は字を読むと吐き気 
闘気  わが拳の最初の実験台になってもらうぜ!!

今日の目的
自己記録更新 止めの練習


ベンチプレス
60         10 (写真の7.5センチのパイプをかましてみた)
80          3
100         1
125         1
132.5         2発  自己記録達成 スゲー速く挙った
130         2.1発  続けて自己記録を狙ったが疲れが出て撃沈
140         5秒キープ 5秒キープ 13秒キープ
            (150も145もセットしたが危険を感じたため140にした)
122.5(2秒キープ2秒止め) 2
125 (2秒キープ2秒止め) 1
120 (2秒キープ2秒止め) 3

背中
ローイング
60         10
80         10
90         10


レッグカール
15         10
25         10

雑感
人並みに一日オフを挟むと超回復する身体に変化しつつあるので
今日も132.5㌔2発を狙った

125㌔まで割とテンポよくアップしてから、インストラクターに付いて貰った
1発目メチャ軽2発目もすんなり挙って自己記録更新

予定では止めの練習だが身体が温まっているので
すぐに130㌔3発に挑戦

1発目下ろしていくところでヘナヘナと力が抜ける
さっきの132.5㌔2発でエナジーが枯渇したようだ
(後からインストラクターに聞いても、力が抜けているのが一目瞭然だったとのこと)
それでも気力で2発挙げたのだから自分で自分を褒めた

その後すぐ、こうさんに教わった高重量保持をしようと150㌔をセットした
全然動かない^^;
ラックアップは補助がいても無理そうだったので
素直に145㌔に重量を落とした
・・・でも動かない
う~~ん210㌔って恐ろしい重さだ

さらに140㌔にセットし直しインストラクターに見ていてもらう5秒キープしたところ
「左の肘がすこしづつ落ちていました バー一本分左が下がっていて肘も曲がっています」
との有り難いアドバイスをもらった

2回目5秒キープの時は、左肘を真っ直ぐに保つことを意識してやったら
「今度は左右水平でした」とキチンとポイントを見ていてくれた

3回目は出来る限りということで13秒保持
ラックアップがけっこう辛い練習だった

続いてもう一つのメインメニュー「2秒キープ2秒止め」
122.5㌔で2発ギリギリだった
そこで125㌔1発に変えたが、それもギリギリ
非常に辛い訓練である
汗がぼたぼたシートに落下する
そこでさらに追い込み120㌔3発
これも最後の3発目がギリギリだった

左肘がミシミシいいだしたのでダンベルプレスは断念
怪我防止第一主義を貫いた

それから背中と脚をやって帰ろうとしたら
職場の後輩sくんがいたので再度戻って
ベンチプレスの補助をした

今後の課題
これからの1ヶ月は「止めの研究」だ
物事は頭で考えるより、身体で体験しなければつかめないことがある

それもダラダラ惰性でやっていては時間の無駄
限界ギリギリの線に自分の真理は隠れていると思う

ヘトヘトで疲労の極の時、身体は最良のフォーム、力の配分、タイミングをつかんでいく
「100㌔18発を挙げても意味がないのでは」と言われたことがあるが
極限の状態で身体は一番合理的な動きを探しているので
それも1発挙げに役に立つと私は考える

要するに力の抜き方だ
「スタート」から胸に着けるまでの時間は短ければ短いほど運動量は少なくて済む
最高の軌道を最短時間で下ろし疲労を最小限に抑え「プレス」コールを待つのだ

今日の最後の120㌔(2秒キープ2秒止め)3発もしかり
いかにエナジーロスを少なくして胸で保てるか?
最良のバーの位置はどこか?
保持する時の力の温存の仕方はどれがいいのか?
「プレス」から挙げるタイミングと角度、力のいれ具合はどうすればベストなのか?
頭で考えても分らないことは身体が自立学習してくれる

それを統べるのが「気」の力だ
各細胞からの情報に耳を傾け調整してくれる有り難い作用とも言える

リラックスしつつ集中
極限まで追い込み更なる高みを目指そう
明日は心おきなく休める

へへ・・・今日も燃え尽きたぜ

この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
十勝の男(とかお)
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1961/04/13
職業:
会社員
趣味:
超人追求
自己紹介:
元空手家

ゴッドハンド大山倍達先生からいただいたトレーナーを
知らないうちに妻が雑巾にしていたという
・・・・・辛い過去の持ち主(T_T)

酒を断ち、タバコも一切やらない、やせ我慢日本一の男

2006年11月19日
第5回ジャパンオープンマスタ-ズベンチプレス大会75㌔級   5位

2009年3月1日
第7回ジャパンオープンマスタ-ズベンチプレス大会67.5㌔級 優勝

2010年2月28日
第8回ジャパンオープンマスタ-ズベンチプレス大会67.5㌔級 4位

2013年5月26日
第23回全日本実業団ベンチプレス大会
66㌔級 マスターズⅡ 優勝

2015年2月21日
第15回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会
66㌔級 マスターズⅡ 3位


特技:房中術   
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
by 桜花素材サイト様. . .