44歳でベンチプレスの大会に初出場しました。                                                                                                        公式の自己ベストは66㌔級で137.5㌔です。  止めなし145㌔です。                                                                                  地上最強の中年ベンチプレス王に 俺はなる! v^^v 夢は夢にに非ず 諦めない限りは 勝利の女神はこっちを向いてるぜ (^o^)丿                                                                             人生の目標は、100歳で公式記録100㌔!

2017-08

リンク
JPA
アーカイブ
最古記事
(07/30)
080721-1.jpg体重(朝)68.0㌔ 
体重(夜)69.0
就寝  1:40
起床  7:15
痛み  なし
疲労  雨で眠いけど疲れ知らず
闘気   ゴゴゴゴゴゴゴォォォォ(ジョジョ風)

今日の目的
ゆったり休養 たっぷり栄養(減量を考えながら)

雑感
挑戦を止めたら向上は難しい
私は名寄大会に向けて2つの挑戦をしている
 ひとつは減量による67.5㌔
 もうひとつは公式記録135㌔

ふじたさんからも
「階級を下げて135出せばエライコトデス。というより伸びすぎです。」
とメールを頂いた(爆)

まだサイクル中盤に入ったばかりで、大会直前に息切れするかもしれないが
4月のベストを超えられそうな予感がする

理由は、ふじた式理論で基本を練り上げて、土台ががっちりしてきた実感があるからである
軽いうちから手を抜かずに、「ミリ単位の男」を目指してやってきた
その成果はフォームの安定という形で実った
(フォームの安定に関して、新しく二頭筋を鍛える指導にそった練習も寄与していると思う)

物理的な効果もさることながら、直接指導を受けて一番衝撃的だったのが
自分の甘さを気付かされたことだった

今までもストイックに追い込んできたつもりだったのが
無意識に力の配分などを計算して完全に使い果たすまで筋肉を使っていなかったのだ
(その証拠に研修後3日は非道い筋肉痛に襲われた)

その体験が、日々の練習を俯瞰的に厳しい目で自分を見られることに繋がっていると思う
そうして手を抜かず、手を抜けずに鍛えていることがいいのだろう

単純な競技だからこそ、日々の鍛錬研究が大事なのだ

今後の課題
ズバリ「ストロークを短くする」である
全日本優勝者と私の違いはストロークの長さである

私のストロークはメチャクチャ長い
それはいろいろな面で不利なことは明白だ
だから今日から背中のストレッチと肩胛骨の寄せに挑戦することにした

ふじたさん然りk’sのひがおさん然り
ベンチを構えた時にガクンを肩が床方面に落ちバーが胸に近づく

実際はとても難しいのだが地道に少しずつ改善していきたい
私の人生は挑戦の連続でありたい

o(・_・)o押忍!
 

この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
十勝の男(とかお)
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1961/04/13
職業:
会社員
趣味:
超人追求
自己紹介:
元空手家

ゴッドハンド大山倍達先生からいただいたトレーナーを
知らないうちに妻が雑巾にしていたという
・・・・・辛い過去の持ち主(T_T)

酒を断ち、タバコも一切やらない、やせ我慢日本一の男

2006年11月19日
第5回ジャパンオープンマスタ-ズベンチプレス大会75㌔級   5位

2009年3月1日
第7回ジャパンオープンマスタ-ズベンチプレス大会67.5㌔級 優勝

2010年2月28日
第8回ジャパンオープンマスタ-ズベンチプレス大会67.5㌔級 4位

2013年5月26日
第23回全日本実業団ベンチプレス大会
66㌔級 マスターズⅡ 優勝

2015年2月21日
第15回ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会
66㌔級 マスターズⅡ 3位


特技:房中術   
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
by 桜花素材サイト様. . .